息子が泣いたんで

おはようございます。息子が泣いたんで、珍しく夫よりも先に起きました。干出のこの時期に。

海苔網の色付きが思わしく無いと、良治が言っており、昼でも夜でも、ちょこっとづつ、なぜ伸びが悪いのか、という会話がされます。他のエリアはもう新海苔が採れていたり、南の方では伸びてきたなんて見るのに。。千葉も伸びてきている。実際、夫と良治が撮ってきた写真を見ると、確かに千葉よりも色付いていない様にも思える。。ウーーーーーム。

そんな中、干出をあえてしないという日がありました。そして今日は多少風が吹いてても行かなきゃいけない、と言っていました。干出はすればするほど良いと思っていましたが、海苔の様子を見て行う事が重要なんだなぁと、改めて。そんな良治の経験を側で見て何年もかけて、習得して欲しいです。私は海に行けないので。

私が思うことは、この経験と想いが100%品物に反映されたら良いのにということ。自然の摂理の一部でしかない人の想いは、100%の想い通りに育たないという事。両親は、この難しさが楽しいと言っていましたが、私はまだそこまで行けていません。頭がまだ硬く、サラリーの営業上がりの私はいつもどこかで費用対効果を計算してしまいます。海苔の完全な陸上ハウス養殖を実現したいと思うぐらいです。今は畑で海藻が採れる時代だから、そんな事も何十年後には当たり前になるかも知れませんが。。

ただ、漁師を継ぎたかった理由は「丸良水産を無くしたく無い」という想いですが、それと同じくらい、「自然と一緒に生活したい」という想いが大きかったのも確かです。今でも、季節や風をよく観察する日々が誇らしいです。自然っていうのは、人がどうにか出来ないから、魅力なんでしょうね。。

温暖化、海洋汚染など、環境問題をよく考える様になりました。死活問題ですので。経済活動は必要なことですが、住んでいる地球のことや気象をよく知ることは同じくらい、重要なことです。把握する時間や複雑さから優先順位が下がり易いので、経済活動よりも重要として置かないと、同等な重要性だと扱われないんだろうなぁ。。トランプ大統領の選択の様に。それこそ、費用対効果がものすごく低いから。だから、私みたいに愚かな欲深い人間が、自然相手・環境相手をしている人達がカッコ良く見えるのは、そのせいなのかも知れません。うん。

そんな事をダラダラと考える、朝6時。白湯を飲みながら。息子がもうすぐ起きますので、おしまいです。

干出、かいし!

台風が過ぎ、雨での川の氾濫。断水や浸水で大変そうですが、皆さんは大丈夫ですか?千葉だけではなく福島も被害が出ている様ですが、あまり情報が入ってきません。心配しています。

走水は今日はベタ凪といって、風も殆どなく、海での作業日和という感じです。もちろん、今日の始めはイカダに引っ掛かってる流木撤去から始まり、点検しながら縄を張り直して、干出という流れ。とても良い写真が撮れました。

朝の海は気持ちが良いですねぇ。男の特権ですねぇ。羨ましいです。その代わりに、大変な作業をしてくれています。

三代目は『干出筋』って言って、筋肉痛を喜んでいます。楽しんで出来ることがイチバンです😭笑 干出し初めて3日~4日です。(良治に聞けば正確ですが、私は4日目だと思っていますが。。。)海に出れない日も多いので、出来る限りの干出をしていきたい所です。

被害の報告

こんにちは。早速ですが台風が過ぎて、朝の写真がこちら。

被害がある様に見えたらすみません。ほとんど被害はありませんでした。

海からの海藻が打ち上がり、潮がここまで来たんだなぁという所がハッキリ分かる程度でした。船も使っているモノはもっと上に避難させておいたので、全然被害はありませんでした。そして、沖から上げてきた海苔のイナヨシ(人工干出機)にも潮は届きませんでしたので、本当に良かったです。

 

 

そしてキレイにし終わった様子はコチラ。

元の浜になりました。

台風が西にズレ、近付いている時は東の風、南東の風が吹いて、通り過ぎたら吹き返しで北風になった時もありますが、直ぐに南風に戻った様です。走水は北風に弱い浜なので、今回の台風は大丈夫だったのかなぁと。

 

 

 

 

 

 

あとはコチラ。
波打ち際の木材等々。また浜に打ち上がるのは目に見えています。美化財団さん早く来てくれないかなぁ…とはいえ、ゼイタクは言えませんね。

大した被害が無かったダケで感謝です。心配をお掛けした皆様、ありがとうございました。