昆 布

昆 布:

丸良水産では昆布の中でも高級ランクに属する真昆布を養殖しています。真昆布の養殖は北海道から譲り受けている種です。
数年物として売られると高級な分類になるものですが、昆布は水温が高いと溶けてしまいます。なので、走水の海では溶ける前の一年物を『早煮昆布』として養殖しています。
養殖の際は、昆布の株の間隔を広げて海の中でも沢山の光合成が出来るようにし、肉厚に育てます。そして陸では1枚1枚手で洗います。
また、干す際にも注意が必要です。粉がふくと見た目が悪いだけではなく、旨味成分が外に出てしまうため、昆布同士がくっつかないように気を配り、綺麗にあがるよう上手く干し上げます。
乾燥した昆布は割れやすいため、袋詰めする際も丁寧に扱い、製品にします。
真昆布は切り口が白く成ることが特徴ですが、肉厚にならないと、切り口が白くもなりません。
とことんこだわって、透明な出汁と、食べて美味しい昆布に育てています。

早煮昆布

根昆布

結び昆布

丸良水産では顔の見える仕事を大切にさせて頂いております。直接お買い求めの際は、お電話を頂ければ幸いです。また、他にもお買い求め頂ける場所はHP上の『組織概要』の中の〝『りょう』の積〟からご覧頂けます。